FREETEL REI(フリーテル 麗)を実際に使ってみた!開封

新発売したFREETEL REI(フリーテル 麗)をモニターさせて頂いています。この記事では開封した時の設定などを記事にしています。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバーをモニターしています。

詳しくはこちらから→FREETEL(フリーテル)

フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_11

スポンサーリンク
スポンサーリンク




FREETEL REI(フリーテル 麗)を開封

段ボールから早速出してみました。箱はなんか高級そうです。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_1 箱を開けてみると「麗」の登場です。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_2

もう一つ箱を開けてみると充電アダプターやコード、説明書などが入っていました。SIMカードはデータのようです。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_3 この封筒のような中身には「SIMピン(SIMカードを取り出しが出来るピン)」、「スタートアップガイド」、「保証書」です。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_4

FREETEL REI(フリーテル 麗)はカッコイイ!

私が現在、使っている機種が「iphone6」なので持ってみた感じを比べみるとひとまわり大きく、薄いなと思いました。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_5 デザインはiphoneと似ているけど「アルミ」のボディがいいなと思いました。個人的な感じではイヤホンが上にあるのがいいですね。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_6

SIMカードを入れてみました

説明書を見ながらやってみました。一緒に入っている「SIMピン」を使います。本体の左側に穴があるのでそこにピンを入れます。するとトレイが出てきますよ。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_7 モニターのSIMカードが「microSIM」だったのでこのように入れてトレーを本体に入れました。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_8

FREETEL REI(フリーテル 麗)の電源を入れてみよう

電源のボタンは本体の右側にあります。写真だと下にある1つのボタンです。上の並んでいるのは音量のボタンです。起動しました。スマホを最初に起動する時はわくわくしますね。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_9 いつも使っている家のWi-Fiをつないでみました。アカウントの設定もしました。はじめてやったのがロック解除のパターンです。iphoneでは数字だったのでちょっと面白かったです。フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_10

設定が終わるとホーム画面が表示されました。これから色々と設定をしていきたいと思います。

詳しくはこちらから→FREETEL(フリーテル)
フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバー_11

「FREETEL REI(フリーテル 麗)」をモニター!

フリーテルの「FREETEL REI(フリーテル 麗)」をモニターしています。私はandroidはあまり使ったことがありません。初心者ですが、使った感想を今後、記事にしていきたいと思います。持っているauのiPhone6と比較したいです。

フリーテルのイベントに参加をしてきました。
くわしくはこちらから→「レポート」FREETEL REI(フリーテル 麗)のイベントに参加をしてきました

フリーテルの「FREETEL REI」メタルシルバーをモニターしています。

「開封」くわしくはこちらから→この記事です。

「設定など色々と使ってみた」くわしくはこちらから→作成中

写真・文:カール

スポンサーリンク
スポンサーリンク