スポンサーリンク

耳をふさがない!まわりの音が聞こえる「骨伝導イヤホン」 EarsOpen WR-3 CL-1001

BoCo(ボコ) の「まわりの音がきこえる骨伝導イヤホン」をイベントで体験してきました。

BoCo社earsopen_付け方

イヤホンはクリップ式で耳の軟骨につけるだけです。耳をふさがないので負担が少なく、周りの音が聞こえます。ランニングやウォーキングをする時にいいなと思いました。

体験できる場所は「キヤノンショールーム」の品川と銀座にデモ機がありますよ。キヤノンオンラインショップで購入することが出来ます。

くわしくはこちらからまわりの音がきこえる骨伝導イヤホン/BoCo社

スポンサーリンク

earsopen boco レビュー(紹介)します!

イヤホンは有線タイプとワイヤレスタイプがあります。カラーはシンプルな「ブラック」と「ホワイト」です。ワイヤレスタイプは「ブラック」のみです。

有線タイプ「10,584円 (税込)」

Black「BoCo社earsopen WR-3 CL-1001 (B) ブラック」

White「BoCo社earsopen WR-3 CL-1001 (W) ホワイト」

BoCo社earsopen_有線タイプ

ワイヤレスタイプ「27,864円 (税込)」

Black「BoCo社earsopen BT-3 CL-1001」BoCo社earsopen_ワイヤレスタイプ

有線タイプの「WR-3 CL-1001」モデルは「防水等級 IPX5」なのでマリンスポーツや汗をかいても大丈夫です。

earsopenの付け方

クリップ式になっています。耳にひっかけて軟骨に当たるようにしてつけます。BoCo社earsopen_イヤホン

軟骨と言われてもよく分からなかったので担当者の方に付けてもらいました。付けると音楽が聞こえてきました。軽いイヤリングを付けているような感じです。BoCo社earsopen_付け方3

付けている間も担当者さんとお話することが出来ました。確かに音楽は聞こえているけど、周りの声も聞こえてきます。外すと音楽は聞こえなくなりました。イヤホンからも音漏れはしていません。

骨伝導とは?なぜまわりの音が聞こえているのか?

音は振動で人は空気を震わせて伝わった音を鼓膜で受け取って聴覚神経に伝えています。「骨伝導」は鼓膜を使わないで「骨」を震わせることで聴覚神経に直接、振動を伝えています。

耳をふさがないのでまわりの音を聞きながら音楽を楽しむことが出来ます。BoCo社earsopen_骨伝導

ランニングやウォーキングなどまわりの車や自転車の音が聞こえるので安心して集中することが出来ます。仕事中に聞いている場合もまわりの音は分かるので話しかけられてもすぐに対応することが出来ますね。

earsopenで聞いた音楽の感想!

earsopenで聞いた時はiPhoneで聞きました。担当者の方が操作してくれたのでどのくらいの音量なのか?はちょっと分かりませんが音楽は聴くことが出来ました。

まわりは私みたいに商品を説明を聞いていたり、写真を撮影していました。電車の中など音が大きいところだとまた聞こえ方が違うかもしれません。BoCo社earsopen_イヤホン3

今持っているイヤホンは耳が痛くなる時がありましたが、「earsopen」耳をふさがないので今持っているものよりも長時間つかえると思いました。

earsopenをスマホで聞く時に注意したいこと

キヤノンオンラインショップのQ&Aにはスマホで使う場合「iPhone」がオススメされています。Androidスマートフォンでも聞くことは出来ますが、「EO Booster」という無料アプリが必要です。BoCo社earsopen_イヤホン2

耳をふさがない「骨伝導イヤホン」 は音楽を聞きながらまわりの音が聞こえるので「やりたいこと」と一緒にできるのがいいなと思いました。

くわしくはこちらからまわりの音がきこえる骨伝導イヤホン/BoCo社

イベント:LINKSHARE JAPAN EXPERIENCE -パソコン・デジタルフェア-

2017年11月16日

写真・文:カール
リンクシェア レビュー・アフィリエイト