スポンサーリンク

【レビュー】HP「Sprocket」はスマホから簡単印刷できるよ

HP「Sprocket」は手のひらサイズで持ち運びに便利なスマホ専用のプリンタです。外出先で撮影した写真がすぐに撮影できるのですぐに友達にプレゼントすることが出来ます。HP Sprocket_ビオラ

HP「Sprocket」のフォト用紙はシールになっていて薄いので手帳やノートなどに貼るのにも便利です。専用の「Sprocketアプリ」を使用して印刷をしてみました。HP「Sprocket」の設定のやり方と印刷してみた感想を紹介します。

HPから販売されているフォトプリント「Sprocket」を貸出させて頂きました。

くわしくはこちらからHP 「Sprocket」

スポンサーリンク

HP「Sprocket」はシンプルで持ち運びに便利

ノートパソコンやタブレットを販売している「HP」の「HP Sprocket」です。HP Sprocket_パッケージ色は2色ありこの記事で紹介しているのは【Directplus限定モデル】HP Sprocketのピンクです。HP Sprocket_pink他にグレーもあります。

詳細HP Sprocket( グレー)icon
icon

箱の中に入っている「標準添付品」はこちらです。HP Sprocket_標準添付品

本体「Sprocket」
USBケーブル
HP Sprocket用フォト用紙10枚
保証書等

最初に驚いたのは本体の「Sprocket」です。小さいプリンタとは思っていましたが軽く、小さいです。「iPhoneXS」と比べてみました。外に持って行きたい時もスマホをもう1台持って行くような感じでかさばらないです。HP Sprocket_iPhoneXS大きさ比較

手のひらサイズのかわいいプリンターです。HP Sprocket_手のひらサイズ

本体の「Sprocket」はシンプルです。

「電源ボタン」と充電の時に使う「USBコネクタ」があります。HP Sprocket_電源ボタン

反対側には印刷したフォトが出てきます。赤い丸の部分はライトが光ります。「用紙切れや紙詰まり」などをお知らせしてくれます。HP Sprocket_お知らせランプ

はじめて使うので最初に充電をします。充電をはじめるとこちらもランプが光ります。色でどのくらい充電されているのか?分かります。HP Sprocket_充電

赤:低充電
赤点滅:充電中
緑:充電完了
オレンジ色:中充電

付属のUSBケーブルはピンクでかわいく、バンドも付いているので便利です。

HP「Sprocket用フォト用紙」は背面シール式

本体を購入すると「10枚」付属で付いてきます。10枚が1つの袋に入っています。
大きさは「5cm×7.6cm」です。HP Sprocket_Sprocket用フォト用紙10枚

Sprocket用フォト用紙をさらに購入する場合は2種類あります。

20枚(10枚入り×2)
50枚(10枚入り×5)

開けてみると10枚の「Sprocket用フォト用紙」と「青い紙」が入っています。用紙をセットにする時に「青い紙」を1番下に置きます。

HP Sprocket_Sprocket用フォト用紙青い紙

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

HP「Sprocket」で「アプリダウンロードからセット完了まで」

本体「Sprocket」のフタを外して用紙を入れます。上に引っ張ると外せます。HP Sprocket_用紙を入れる

フォト用紙の入れ方は付属の説明書に記載されていました。青い紙を最初に入れます。バーコードがある方が下になるようにいれます。HP Sprocket_フォト用紙の入れ方

ランプが付いて青い紙が出てきました。これで印刷することが出来ます。HP Sprocket_フォト用紙の設定

アプリ「HP Sprocket」ダウンロード

印刷するのにアプリ「HP Sprocket」が必要です。手書きの文字やスタンプなどでデコったりすることが出来ます。

「APPLE STORE」と「Google play」からダウンロードすることが出来ます。私は「iPhoneXS」なので「APPLE STORE」でダウンロードしました。アプリ「HP Sprocket」ダウンロード

Bluetooth(ブルートゥース)で「Sprocket」と「スマホ」接続する

アプリを押して印刷するために設定をしていきます。

・使うプリンターを選択
「Sprocket」を選択するので「Sprocket200」を選択。

・充電されているか?

・用紙のセット

・接続する
Bluetooth(ブルートゥース)で「Sprocket」と「スマホ」接続するHP Sprocket_印刷までの設定

iPhoneXSで接続してみました。上から下にスワイプをして「コントロールセンター」を表示します。赤い丸の「Bluetooth(ブルートゥース)」をタップします。少しする「Sprocket200」と接続することが出来てとても簡単でした。HP Sprocket_Bluetooth

HP「Sprocket」で印刷してみた

最初に一緒に暮らしているキンクマハムスターの「ラテちゃん」を印刷してみます。

HP Sprocket_印刷ラテ

印刷したい写真を選んで印刷開始です。プリンターにデータが送信されてちょっとすると印刷が終了しました。HP Sprocket_印刷されたラテ

「iPhoneXS」と印刷したフォトを比べてみるとなんだかレトロ感があっていいなと思いました。HP Sprocket_iPhoneXSの画像と比較

【デコってみた】スタンプ、フレーム、手書き

またまた「ラテちゃん」の写真を使ってデコってみます。赤い丸の「右の上」にあるエンピツをタップします。HP Sprocket_写真の加工

青い丸の「下」にあるアイコンをタップすると画像を加工することが出来ます。

明るさを変えてみたり、フレームを付けたりHP Sprocket_フレームや明るさ

文字やスタンプを入れることが出来ます。赤いハートは私が手書きで書いてみました。色もたくさんあります。HP Sprocket_文字やスタンプ

色々とやりましたが「画像を明るくした」、「フレームを追加」で印刷をしました。1回目よりもキレイに印刷されています。HP Sprocket_印刷ラテ2

手帳に貼ったり、オリジナルのフォトブックが作れる

印刷したフォトを手帳に貼ってみることにしました。シールになっているので貼ることが出来ます。HP Sprocket_裏面シール

実際に手帳に貼ってみました。思った以上に薄かったのことに驚きました。手帳に貼っても気にならない厚さです。HP Sprocket_フォトの厚み

好きなノートなどにフォトを貼って、手書きで文字やイラストを描いたり、シールやマスキングテープなどでデコったりしてもいいですね。自分のオリジナルフォトブックが作れそうです。

母が育てている「ビオラ」を撮影して印刷しました。観察日記などにもいいですね。HP Sprocket_ビオラ

HP「Sprocket」を使ってみた感想

手軽に印刷して好きなところに貼れるのがいいですね。お子さんの成長日記を手作りで作りたい方、手帳に好きなものや気になったものを写真を貼りたい時など色んなことに使えそうです。印刷してお友達など人にプレゼントしたら喜んでくれると思います。

カール
カール

スマホの写真を簡単に印刷したい方にオススメです。

新生活応援セールでフォト用紙付き!

新生活応援セール! で「2019年4月22日(月)まで」の 特別セットが販売されています。

セット内容
HP Sprocket(ピンク)
HP Sprocket用フォト用紙 (50枚)

通常セット価格は「16,900円(税抜)」ですがキャンペーンセット価格で「¥13,900円(税抜)」です。
くわしくはこちらからHP 「Sprocket」

本体のみの価格は「14,800円(税抜)」

くわしくはこちらから【Directplus限定モデル】 HP Sprocket(ピンク)
icon

icon

くわしくはこちらからHP Sprocket( グレー)
icon

icon
iconHP「Sprocket」を貸出させて頂き記事を書いています。
写真・文:カール