スポンサーリンク
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ベルメゾンネット

PENTA(ペンタ)フライパンはIH&直火用「5つの特徴やお手入れ、保証」

こんなフライパンが欲しい!
  • 取っ手が取れるフライパン
  • 長持ちして安心して使える
  • 料理をもっと美味しく作りたい
  • 10年保証
  • ruhru(ルール)より軽い物が欲しい
王様フライパンPENTA(ペンタ)5つの特長

こんなフライパンを探しているのなら「PENTA(ペンタ)のフライパン」がオススメです。

サファイヤコーティングされているので長く使えて、PFOAフリー、かわいいペンギンのロゴが付いています。

セミナーに参加をして担当者さんからPENTA(ペンタ)のフライパンについて聞いてきました。

この記事ではこんなことが分かります。

  • 王様フライパンPENTA(ペンタ)の【5つの特長】
  • 36種類のサイズやカラー、深さ
  • 簡単なお手入れ方法と気を付けること
  • 10年保証とリフレッシュサービス
  • 公式サイトが1番安い

私はセミナーに参加をして「PENTA(ペンタ)のフライパン」がとても欲しくなりました。

料理でフライパンはほぼ毎日使います。早く購入をしてペンタのフライパンを使ったほうが自分も家族も美味しい料理を食べることができます。

\1番価格が安い公式サイトを見てみる/

安心して使えて10年保証とリフレッシュサービスがある!

スポンサーリンク

【5つの特長】王様フライパンPENTA(ペンタ)

PENTA(ペンタ)のフライパンのセミナーに参加し、担当者さんから特長を教えてもらいました。
5つの特長を紹介します。

  • サファイヤコーティングで長持ち
  • 「PFOAフリー」で安心・安全
  • 蓄熱性が高いから料理が美味しい
  • 外側の着脱式取っ手でフライパンがお皿になる
  • ペンギンのロゴがとてもかわいい!プレゼントに良い

サファイヤコーティングで長持ち

PENTA(ペンタ)のフライパンはコーティングフライパンです。
アルミ本体に「硬質アルマイト加工」されているので耐久性があります。硬質アルマイトの表面はギザギザしていてその部分にコーティング剤が入るので流れにくくなっています。

王様フライパンPENTA(ペンタ) 蓄熱性

ダイヤモンドの次に硬いサファイアと同じ分子構造なのでこの手法を「サファイアコーティング」と呼ばれています。ルールのフライパンと比較をしてもすごく長持ちします。

「PFOAフリー」で安心・安全

コーティングフライパンが危ないと言われているのは体によくないガス「PFOA」の有害ガスが出るからと言われています

でも、有害ガス「PFOA」が出るのは260度を超える加熱を行った場合です。空だきを長時間しないかぎり260度にはなりません。料理で使っている時の温度は150度から190度程度です。

ペンタのフライパンにはPFOAは含まれていないのでもし空だきしても安心して使うことができます。
もしものことがあっても安心です。

蓄熱性が高いから料理が美味しい

フライパンは本体が厚いと蓄熱性が高く料理が美味しくなります。

王様フライパンPENTA(ペンタ) 人気のカラー

蓄熱性が低い薄く軽いフライパンの場合、ハンバーグを作る時に外はこげるけど、中は火が通らないことがあります。

ペンタのフライパンを作る時は厚さを調節して重くならないようにしています。ruhru(ルール)のフライパンを使たことがある方は同じくらい美味しく料理を作ることができます。

外側の着脱式取っ手でフライパンがお皿になる

ペンタのフライパンは取っ手が取れる着脱式の取っ手です。

取っ手が取れると便利なこと
  • オーブンに入れて料理することができる
  • フライパンをそのままお皿として使える
  • 取っ手をはずして収納できる

取っ手は本体の外側に取り付け金具があります。他の取っ手が取れるフライパンは内側に付いていることが多いです。外側にあることでソースが残らずにお皿に入れられる、洗いやすいのが特徴です。

ペンギンのロゴがとてもかわいい!プレゼントにも

PENTA(ペンタ)のフライパンはペンギンのロゴがありとてもかわいいです。フライパンとフタにロゴがあります。

王様フライパンPENTA(ペンタ) ペンギンのロゴ

箱にもこだわりがあり、ペンギンのロゴや開けた時にメッセージがあります。プラ前途にもオススメです。ペンギンのロゴはフライパンを横から見たところをキャラクターにしています。北極をイメージしています。

プレゼントにする場合は「のし」を付けることができます。オリジナルのペンタの「のし」や「包装紙」もあります。

【IH&直火対応】サイズ3種類、深さ2種類、カラー3種類から選べる

ペンタのフライパンはサイズや深さ、カラーの種類が多いです。ピッタリなフライパンを選ぶことができます。IH&直火用でどちらでも使えます。

サイズ3種類

  • 20cm
  • 24cm
  • 28cm

深さ2種類

  • 浅型
  • 深型

カラー3種類

  • ブラックサファイヤ
  • ルビーレッド
  • シャンパンゴールド

フタをセットにするのか選べるので36種類から選ぶことができます。
下の表は税込みの価格です。

サイズ深さフタなしフタあり
20cm浅型9,680円12,045円
20cm深型10,780円13,145円
24cm浅型12,980円15,510円
24cm深型14,080円16,610円
28cm浅型16,280円19,030円
28cm深型17,380円20,130円

1番人気のカラーはシャンパンゴールドです。インスタ映えします。
売れているものは「28cm、深型、シャンパンゴールド」です。使い勝手いいから人気!
フタは単品でも購入が可能です。

フタ単品の価格
  • 20cm:3,465円(税込み)
  • 24cm:3,630円(税込み)
  • 28cm:3,850円(税込み)

料理でフライパンはほぼ毎日使います。早く購入をしてペンタのフライパンを使ったほうが自分も家族も美味しい料理を食べることができます。

\1番価格が安い公式サイトを見てみる/
PENTA(ペンタ)のフライパン
安心して使えて10年保証とリフレッシュサービスがある!

【簡単】お手入れ方法と気を付けること「フライパンPENTA(ペンタ)」

PENTA(ペンタ)のフライパンを購入したら長く使いたいです。お手入れ方法と気を付けることがあります。少し覚えておくだけでもペンタを長く使うことができます。

王様フライパンPENTA(ペンタ) 料理がもっと上手になる

お手入れ方法「使った後はすぐに冷やさない」

料理を作り終わるとすぐに水を入れてしまいますがコーティングがはがれやすくなるます。水を入れて急に温度を下げるとコーティングフライパンによくありません。ペンタのフライパンは冷えてからもこびり付きにくいのでお手入れも簡単です。

気を付けること「温度を急に上げる、下げる」と「IHで使用する時」

コーティングフライパンは急に温度を上げる、下げるとコーティングにダメージをあたえてしまいます。

IHで使用する時に気を付けたいことがあります。IHは火が見えませんが直火よりも強いです。見ていても分かりにくいので空だきすることが多いので気を付けたいです。全体がステンレス版に覆われているのでIHに特に強いので気を付けた方がいいですよ。

カール
カール

私の家ではIHを使っています。引っ越す前はガスでした。
IHを使っていると全体が温まりにくいです。ギョウザを焼いていても真ん中はコゲが付いて美味しそうだけど外側はまだコゲが付いていない時があります。

ついつい温度を上げたくなりますがお話を聞いて気を付けたいなと思いました。PENTA(ペンタ)のフライパンはステンレス版に覆われていてIHに強いので使ってみたいなと思いました。

【安心】10年保証とリフレッシュサービス

王様フライパンPENTA(ペンタ) フライパンがお皿がわり

10年保証のリフレッシュサービス

フライパンをずっと使っているとコゲ付きが目立ってきます。PENTA(ペンタ)はリフレッシュ対応なので新しいフライパンと交換することができます。

リフレッシュ費用は5500円(税込)と返送料1,000円で6,500円(税込)の費用が必要です。

10年間何度でもリフレッシュサービスを受けることができます。

10年保証で何度でも6,500円(税込)で新品でよい物を使う

お話を聞いたところPENTA(ペンタ)のフライパンは平均3、4年程度で新品交換(リフレッシュサービス)を希望する方と多いと想定しています。

永久的に使えるものでは無いのでやはりメンテナンスは必要です。6,500円(税込)で新品になるのはお得です。

3年間使うと1年約2,166円、4年間使うと1年1,625円で使うことができます。

薄く軽いフライパンが1つ2000円くらいなので毎年使い捨てるよりは同じ良いものを長く使えるPENTA(ペンタ)はオススメです。ずっと同じフライパンなら料理の味も落ちないです。

公式で購入が1番安いPENTA(ペンタ)のフライパン

PENTA(ペンタ)のフライパンはデパートや店舗に卸しをしていないので実店舗で購入することができません。購入できるのは公式サイト、Amazon、楽天市場などで購入することができます。

公式サイトで購入が1番お得に購入することができます。

「28cm、深型、シャンパンゴールド」を購入する場合
  •  Amazon:19,580(税込み)
  •  楽天市場:18,480円(税込み)
  • 公式サイト:17,380(税込み)

公式サイトが1番安いことが分かります。時期によってはセールやキャンペーンをやっていると公式が高い時があるかもしれませんが価格は公式サイトが1番安いです。

料理でフライパンはほぼ毎日使います。早く購入をしてペンタのフライパンを使ったほうが自分も家族も美味しい料理を食べることができます。

\1番価格が安い公式サイトを見てみる/

安心して使えて10年保証とリフレッシュサービスがある!

1度見てから決めたい場合は東京都千代田区神田に会社があるので商品を見ることができます。最寄りの駅は秋葉原です。事前予約が必要で公式サイトからできます。

PENTA(ペンタ)の事前予約

タイトルとURLをコピーしました