スポンサーリンク
ベルメゾンネット
スポンサーリンク
ベルメゾンネット

自転車のかごカバーを買ったよ!防水で雨の日も安心 アマゾン

ベルメゾンネットで自転車の前かごに付けるカバーを購入しました。購入をする時に欲しいと思った機能は「はっ水加工」、「開閉がファスナー」の2つです。自転車カバー_ベルメゾンネット01

私の家は駅から少し離れているので自転車で移動することが多いです。道は段差が多くかごの中身が出てしまうか心配なのでファスナーでしっかり開閉できると安心ですし、ひったくりの防犯対策にもなります。

欲しいと思った機能が付いていたのがベルメゾンネットにあった「自転車カゴカバー」を購入しました。現在はベルメゾンネットでは販売していません。同じ商品はアマゾンや楽天、Yahoo!ショッピングにあります。

スポンサーリンク

【サイズの確認】自転車のかごカバーを買う前に必ず!チェック

カール
カール

自転車のかごカバーを購入する前にしっかりとカゴのサイズを確認することをオススメします。
母はチェックしないで買ったら使えませんでした。

自転車のかごカバーを購入したのは60代の母です。雨の日に荷物を濡らしたくないという理由から買うことを決めました。最初に購入したのはこのドット柄の自転車かごカバーです。
自転車カバー_ベルメゾンネット006うちでは生協を毎週頼んでいて、カタログの中にあったみたいで注文をしました。生地もしっかりとしていて縫い方もいいです。内側には保冷シートもあるので雨にも強そうです。自転車カバー_ベルメゾンネット009

かごに取り付けみるとカバーが小さく、かごの中にすっぽりと入ってしまいました。伸びる生地ではなかったためかごに取り付けることが出来ませんでした。
自転車カバー_ベルメゾンネット008

母に聞いてみると

カールの母
カールの母

「サイズを確認しなかった」

と言いました。でも、「どの自転車のカゴもだいたい同じくらいのサイズ」、「かごカバーのサイズを見てなんとなく取り付けられそう」と私自身も思ってしまいました。

なのでちゃんと「自転車のカゴのサイズ」と「かごカバーのサイズ」をしっかり確認することが大切です。

うちでは坂道が多いため全員電動自転車を使っています。同じ機種なのでこのカバーは自転車に使えないので保冷バック?的なことに使うとして違うものを探すことにしました。
自転車カバー_ベルメゾンネット007

自転車かごカバーは色んな種類があるよ!

母と一緒に色んなサイトを見て自転車カバーを探してみました。カバーも色々あるのだなと思いました。

フタの部分に注目をしてみるとこの3タイプがありました。

  • 「フタの部分がゴムになっていてかぶせるタイプ」
  • 「巾着タイプ」
  • 「ファスナータイプ」

かぶせるタイプや巾着タイプは荷物が多い場合に調整が出来るのがいいなと思いましたが、今回はしっかりと閉まる方が良かったので「ファスナータイプ」にしました。デザインはシンプルなものからかわいい花柄など種類も多いなと思いました。

購入したのはベルメゾンネットの「自転車カゴカバー」

※現在はベルメゾンネットでは販売が終了しています。
よく買い物をしているベルメゾンネットを見たところ、シンプルなドット柄でファスナータイプのものを見つけました。価格もベルメゾンネットの中で比べると安い1,800円(税別)です。

最初にサイズを確認です。ベルメゾンネットに「前かご適応サイズ」が記載されていました。

「前かご適応サイズ」→「幅約37cm、奥行約29cm、高さ約29cm」まで対応。

使っている「自転車のかごのサイズ」は「奥行約36cm、タテ約29cm、高さ約26cm」です。
自転車カバー_ベルメゾンネット00

適応サイズをクリアしました。同じサイズなのがちょっと気になるけどカバーサイズが1cmずつ大きいので大丈夫だろうと思い購入を決めました。カラーは「ブラウン」にしました。他にも「ブラック、ピンク、オレンジ」の3色があります。

付けてみました!ベルメゾンネットの「自転車カゴカバー」

数日後、届きました。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_1取り付け方やサイズが記載されています。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_2カバーを実際に見ていると生地はしっかりとしているので雨の日でも安心だなと思いました。自転車かごカバー_ベルメゾンネット_3中は黒い生地です。縫い方もしっかりとしていると母が言っていました。

自転車かごカバー_ベルメゾンネット_11前にはロゴが入っていますよ。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_8それでは実際に付けてみます。乗っている自転車はパナソニックの自転車です。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_9取り付け方法
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_12かぶせてみるとすっぽりとかごを包みました。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_104ヶ所のヒモをバスケット(かご)に結び固定。
かごの角、4ヶ所にヒモがついています。自転車かごカバー_ベルメゾンネット_6ヒモは固定されていないのでヒモは動かすことが出来ます。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_7しっかりと4ヶ所結びました。
自転車カバー_ベルメゾンネット004

バスケット(かご)の底部分もしっかりと固定をします。ゴムが入っているのでしっかりと固定をして結びます。
自転車かごカバー_ベルメゾンネット_5ヒモが結構長いのでタイヤにつかないように気を付けた方がいいなと思いました。
自転車カバー_ベルメゾンネット001これで自転車のかごカバーをつけることが出来ました。前から見るとこのような感じです。
自転車カバー_ベルメゾンネット01開けてみるとこのようになっています。
自転車カバー_ベルメゾンネット003フタの部分がしっかりとしているので雨が降っても安心だなと思いました。
自転車カバー_ベルメゾンネット002カバーのカラーは「ブラウン」にしましたが、ピンクの自転車に合っているなと思いました。

自転車かごカバー_ベルメゾンネット_13

「自転車カゴカバー」を付けた感想

カールの母
カールの母

母に感想はカバーがしっかりとしていてよかったと言っていました。雨もしっかりと防いでくれて、ファスナーでしっかりと開閉できるので荷物が落ちる心配はないのがいい

雨の日や防犯対策になる「自転車カゴカバー」はあると安心です。雨の日に自転車に乗る方にオススメです。

追加で注文「自転車かごカバー」は便利

母が買った自転車のかごカバーは雨の日や買い物をする時に便利だなと思い私も欲しくなりました。同じベルメゾンネットで購入しようと思いましたが販売が終了していました。

アマゾンで調べてみると同じ自転車かごカバーがあったので色違いで購入することにしました。色によって価格が違いますがベルメゾンネットよりも安く売っています。

購入したのは「水玉/ホワイト」です。自転車かごカバー 白い水玉

同じ自転車なので付けるのも簡単でサイズもピッタリです。自転車かごカバー 白い水玉 自転車に付けてみた

カール
カール

雨の多い梅雨の時期はあるとバックや買い物したものがあまり濡れないのは嬉しいです。



写真・文:カール

タイトルとURLをコピーしました