【女の子ランドセル】ツートンカラーかわいい「fafa(フェフェ)」

女の子にオススメしたいランドセルは「fafa(フェフェ)」です。ツートンカラーがかわいいランドセル!ランドセルfafa(フェフェ)_紹介

星のスタッズやリフレクターが付いていて細かい部分までこだわりがすごい!ランドセルを開けると花柄がかわいいです。日本製で6年間修理対応保証があるので安心です。A4フラットファイル対応のランドセルです。

イベントで実際に見た感想を記事にしています。

くわしくはこちらから【フェフェオンラインショップ】

スポンサーリンク

ツートンカラーと星のスタッズとやリフレクターがかわいい fafa

ランドセルを後ろから見てみるとシンプルな感じです。ランドセルfafa(フェフェ)_牛革キャメル星のスタッズとfafa(フェフェ)と型押しがあります。下の白い線は「反射材」です。ランドセルfafa(フェフェ)_後ろ側反射材

違うカラーになりますが、横から見てみるとこちらにも星のデザインがあります。こちらも「反射材」です。ランドセルfafa(フェフェ)_横側反射材反対側にもありますよ。ランドセルfafa(フェフェ)_横側

反射材はカブセや肩ベルトにあるので車のライトなどがどこから当たっても視認しやすいです。肩ベルトには「防犯ベル」などを付ける「肩ベルトDカン」にも星のスタッズがありますよ。ランドセルfafa(フェフェ)_肩ベルト

リコーダーケースなど学校で使うものも販売されています。ランドセルfafa(フェフェ)_リコーダーケース

ワンタッチロック錠前で閉め忘れ防止

ランドセルを開ける時はつまみを「90度」回転するだけなので簡単に開けることが出来ます。閉じる時はつまみを重ねると自動で回転ロックするので閉め忘れの防止になります。ランドセルfafa(フェフェ)_ワンタッチロック錠前

星のチャームや花柄の内装がかわいい

ランドセルを開けてみると花柄がとてもかわいいです。ランドセルfafa(フェフェ)_内装

教科書が入るところはすべて花柄になっています。写真は「底敷き」が無い状態です。ランドセルfafa(フェフェ)_内装花柄

時間割を入れるところも花柄でかわいいです。ランドセルfafa(フェフェ)_時間割り

大きなポケットが付いています。星のチャームが付いています。しっかりとファスナーが付いているので大事な家のカギなどを入れるのにいいですね。ポケットの中も花柄です。ランドセルfafa(フェフェ)_ポケット

fafa(フェフェ)ランドセルのサイズ

fafa(フェフェ)ランドセルは「A4フラットファイル」と「A4クリアファイル」を入れることが出来ます。学校で配布されるプリントを入れるのによく使用されます。

fafa(フェフェ)ランドセルの内寸
内寸:ヨコ幅「約23.5cm」×高さ「約31cm」×マチ「約12cm」「A4フラットファイル」のサイズ
ヨコ幅「23.1cm」、高さ「30.7cm」

「A4フラットファイル」はパンチで2つの穴を開けてプリントを閉じるファイルです。

実際に入れてみると入りました。ランドセルfafa(フェフェ)_A4フラットファイル

「A4クリアファイル」
ヨコ幅「21cm」、高さ「29.7cm」

次は「A4クリアファイル」を入れてみると簡単に入れることが出来ました。ランドセルfafa(フェフェ)_A4クリアファイル

両方入れてみました。どちらも引っかかることなく入れることが出来ます。「A4フラットファイル」や「A4クリアファイル」を使うかは学校によって違います。ランドセルfafa(フェフェ)_A4フラットファイルとA4クリアファイル使用する学校もあれば、全く使用しない学校もあります。なので対応をしているほうがランドセルに入れることができるのでお子さんも便利です。転校しても対応していると使用する学校に通うことになっても大丈夫ですね。

ウイング背カン・エコボーンでフィットする

ウイング背カンは成長に合わせて上部金具がスライドして、ベルトの付け根が立ち上がり背中にフィットします。強度と耐久性に優れたエコボーン(形状安定樹脂)を内蔵しています。ランドセルfafa(フェフェ)_ウイング背カン・エコボーン

背面はクッション性があります。ランドセルfafa(フェフェ)_背面はクッション性

「fafa(フェフェ)」のランドセルを実際に見るには?サイトで情報を確認

私はイベントに参加をしてフェフェのランドセルを実際に見てきました。見た目はシンプルな感じだけど、ランドセルを開けると花柄ですごくかわいいランドセルです。

私の感想だけではなく実際に見てみたい、背負ってみたい、こどもの感想が聞きたいという方は展示会などに行って実際に見てみるのがオススメです。

「fafa(フェフェ)」のサイトに展示しているお店の情報があるので確認をしてから行くのがオススメです。

くわしくはこちらから【フェフェオンラインショップ】

写真・文:カール

タイトルとURLをコピーしました